パニック障害 妊娠

人は何かを不安に思ったり、緊張を感じたりすることがあります。ところが、特に今まで何でもなかった状況に置いて突然不安感や緊張感が高まり、

 

 

呼吸や心拍数が高まりパニックに陥ってしまう病気があります。これがパニック障害です。

 

 

これらの症状を抑える、あるいは起こらないように予防することで治療していきますが、精神疾患においては疾患を正しくしっかりと認知すること、そしてそういった精神状態に陥ってしまわないように心理教育を施す必要があります。しかし、それだけではその治療過程における発作に対処することができません。

 

 

そのために用いられるのが薬物療法です。

 

 

薬物療法は主に発作の抑制を目的としています。パニック障害に効く薬として大きく2つに分けられます。

 

 

動悸や呼吸困難感など、パニック発作を抑制するために選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、三環系抗うつ薬(TCA)などの抗うつ薬を用います。

 

 

SSRIはパニック障害の第一選択薬となっており、副作用が他の薬剤に比べて少なく、服薬を中止あるいは減量した時の離脱反応も生じにくい薬です。

 

 

効果が出るまでには時間がかかり、長期治療を目的とし、発作の消失とともに徐々に量を減らしていくような処方がされています。

 

 

TCAはSSRIが効かなかった場合やSSRI使用により副作用が強かった場合の代替として用いられることが多いですが、副作用が比較的出現しやすいことや薬剤使用に注意すべきことが多い薬のため、まずはSSRIの処方を考えられています。

 

 

パニック発作を急速に緩和するために用いられる薬としてベンゾジアゼピン系の抗不安薬が用いられます。

 

 

即効性が高いため発作時の頓服として処方されたり、抗うつ薬に不安がある方に最初に処方される薬でもあります。しかし、身体依存が比較的強く、長期的に使用すること後に離脱症状が出ることが多いです。

 

 

以上のようにパニック障害に効く薬を見てきましたが、病院では診察に基づいて、個々人の状態に合わせた処方がされます。医師の説明をよく聞いたうえでどういった薬を用いているかを確認しておくようにすると良いでしょう。

続きを読む≫ 2014/05/04 16:57:04

パニックという言葉は、日常でもよく用いられていると思います。日本語だと、混乱という意味ですが、カタカナ外国語として日常的に使用されています。

 

 

 

単純に連想すると、パニックによる障害だと予想できると思いますが、その症状は、知ると意外なものだと思う方も多いはずです。

 

 

 

パニック障害の発症要因は、極度の不安やパニックに陥るような状況です。以前は、不安神経症という名称が用いられていたように、主に不安が背景にあるのは、事実です。

 

 

 

症状としては、突発的ですが、やはり、潜伏期間という表現はおかしいのですが、それなりに心労、つまり、ストレスや強い不安を溜め込んでいる人に起こりやすいです。

 

 

発作的症状が出るわけですが、漠然とした不安やめまい、動悸、息切れ等、一般的な生活において、極度の不安や緊張をした場面に感じる症状と全く同じです。

 

つまり、意味(理由)もなく、そのような事を感じる事は、正常(健康)状態ではありえないことであり、それゆえ、病気だと認識されています。

 

 

主に空間的理由によるケースが、直接の引き金となるケースが多く、閉所恐怖症や高所恐怖症等と似たような部分がある点も着目に値します。

 

 

ですが、必ずしもそのような場面とも限らず、個人差があります。

 

 

パニック障害の治療方法には、他の精神病同様、心理療法と薬物療法があります。

 

 

心理療法は、根本的治療に対し、薬物療法は、応急的治療といえる様に思います。

 

 

薬物療法は、発症を抑えたりする事が可能ですが、薬を服用しなくなると、再び発作の起こる可能性が、非常に高いです。このような事から、一般的には、心理療法と薬物療法の両方を行い、症状が改善されたら、薬の量を徐々に減らしていくというパターンが、最も多いです。

 

 

薬物療法で処方される薬の種類には、抗うつ薬と抗不安薬があります。他の精神病同様、副作用が見られるケースもあります。また、人によって薬の効果も全然違うため、分量や成分等を試しながら処方していくケースが多いようです。

続きを読む≫ 2014/05/04 14:37:04

パニック障害とは突然に、呼吸困難に、なったり頻脈、振るえなどが、起こる病気です。

 

 

原因は、ノルアドレナリンと興奮をおさえる、セロトニンの、伝達が、うまくはたらかない状態なのです。発作が1時間くらいで、おさまるので気のせい?とも本人は感じてしまうのです。

 

 

ハッキリ言って、どの病気でも薬を飲んでると、胎児に、何かしらの影響があります。

 

 

私の聞いた話では、たまに点滴を、するだけで、妊娠は可能らしいです。

 

 

でも、パニック障害を持っている人は、普通分娩が、できないと、聞きます。

 

 

なぜかというと、分娩中にパニック発作をおこすらしいのです。

 

 

ですから、パニック障害の、人は帝王切開に、なるそうです。

 

 

でも、やはり、精神科系の病気は、妊娠は、医者の、視点からみると、あまりお勧めできないといいます。

 

 

でも、やっぱり、子供欲しいですよね。

 

 

その気持ちはわかります。

 

 

なので、いかにして子供を作るかって事なのですが、やっぱり薬を、減らす。

 

 

産婦人科医と、精神科医とで、連携してどうするか相談するのがいいと思います。

 

 

薬が全く無いと、薬が無いからって、余計に不安になって、パニックをおこす可能性があるので、全く薬をなくすってのは無理に近いと思います。

 

 

、パニック障害で妊娠して、考え方が変ったって言う症例もありなす。

 

 

薬を、体が受けつけなくなった、という人も居ます。

 

 

なので、妊娠はできるってことになります。

 

 

実際、パニック障害でも子供を育ててる人も少なくないです。

 

 

育児中にもパニックを起こす可能性は非常に高いので、夫婦で、協力して旦那さんに、理解してもらい、一緒に、育児を、するといいでしょう。

 

 

精神の病気を持ってる人は家族の理解がとっても、大切です。

 

 

まわりにも、支えてもらって、安心して、子供を、育てる環境が必要です。

 

 

なので、パニック障害だから、私は子供を、産めないとか、深刻に考える必要はありません。

 

 

確かに、重度の、場合はちょっと厳しいかも知れません。

 

 

でも、心が落ち着く環境であれば、薬を減らしても大丈夫かと思います。

続きを読む≫ 2014/05/04 13:32:04

私がパニック障害を発症してから、もう4年になります。

 

 

 

その原因となったものは、正直いまもはっきりとはわかっていません。

 

 

 

ただ、ある時から体調不良の予兆を感じながらも仕事をこなしていた日々に、突然それは起こりました。

 

 

 

帰りの電車の中、その日も体調不良でゆっくりと帰宅していたときのこと、

 

 

突然気分が悪くなり、吐き気を感じ、全身から血の気が引くような、冷たくなるような感覚、しびれたように震え、ドキドキまで止まらなくなったのです。

 

 

 

死ぬ思いで次の停車駅でおり、ベンチに腰をかけました。

 

 

 

今思い出せば、あの日からパニック障害との闘いが始まった気がします。

 

 

 

これといって病気を抱えていなかった点、内科でもすでに受診していたため、

 

 

 

その日を機にすぐに「心療内科」へと私はかかりました。

 

 

 

最初は自分でもすぐに「パニック障害」とは結びつかず、頭の中もパニック状態で

 

 

 

考えすらまとまらず、先生にも何を伝えていいのかわかりませんでした。

 

 

 

 

それからカウンセリングの回数を重ねていく上で、先生にそれとなく、

 

 

 

「私の状態は病名をつけるとしたら何なんでしょうか」と尋ねました。

 

 

 

 

あまり心療内科では、断定するような病名は言われません。きっと患者さんに

 

 

 

負担になることへの配慮かもしれませんが、心の病は一概に枠にはめずらいのもあるのです。

 

 

 

それでもあえて言うのであれば「パニック障害」ではないかと教えて頂きました。

 

 

 

自分自身、心療内科にかかる前に、自分の症状を調べたりしていたので、
すっと納得したのを覚えています。

 

 

 

そこからが長い療養、治療生活の始まりです。

 

 

 

私はパニック障害の症状としてよく見受けられる、広場恐怖や電車等の公共

 

 

 

 

交通に乗れないなどの症状があり、すぐに生活に支障がでました。

 

 

 

そのため、仕事も辞めざるをえず、とても辛い時期を何カ月か過ごしました。

 

 

 

私の主な治療は投薬治療です。行動療法はしていません。

 

 

 

ただ、時間の経過に合わせて、自分の病気を知る事が出来てきて、対処法を自分なりに持つ事ができるようにまでなりました。

 

 

 

勿論、先生と相談しながら、アドバイスを頂きながらの日々です。

 

 

 

 

それでも、近所のコンビニすらいけなかった私は、今では電車に乗って、1駅、2駅と少しずつの変化ではありますが、回復してきています。

 

 

 

心の負担を少しずつ取り除いていく事、そして理解してくれて、支えてくれる家族に恵まれていた事、特に後者の支えがあったからこそ、今に至っていると

 

 

 

思います。

 

 

 

 

でも、正直まだ焦りはあります。私の本当の目標は社会復帰です。

 

 

 

吐き気、広場恐怖、乗りものへの未だ残る不安感とはまだ戦っています。

 

 

 

パニック障害との闘いはまだ終わっていません。

 

 

 

しかし、今は根治は難しいかもしれない、だけど上手に共存し、前向きな人生を送って行く事は出来る!と信じています。

 

 

 

甘い考えと他人から見られたとしても、今は自分はそれを信じ、前に進むことを目標に毎日、一歩ずつ頑張っています。

続きを読む≫ 2014/05/03 15:06:03

パニック障害は、精神の病気と思われがちですが、現在では脳機能障害と考えられています。

 

 

パニック障害になってしまいますと、日ごろの生活が非常に困難になってしまいます。パニック障害になってしまうと、呼吸が困難になってしまったり、

 

 

動悸が発生してしまいます。それ以外にも、胸に圧迫感を感じてしまったり、吐き気を感じてしまったりすることもあります。

 

 

パニック障害自体が命に係わる病気ではありませんが、上記の呼吸困難や吐き気は急に発生してしまうので、周辺にも迷惑を掛けてしまうことになりますし、

 

 

仕事や生活に大きな支障が出てしまいます。パニック障害を発症する方は、普段の生活からストレスが溜まってしまう環境なことが多いので、

 

 

ストレスと密接に関係しています。一度パニック障害の症状が発生してしまうと、この症状がまた発生するのではないかと不安になってしまいます。

 

 

これが予期不安というもので、この予期不安の影響でさらにパニックが発生してしまいやすくなります。

 

 

妊娠中にも、パニック障害を発症してしまう妊婦さんの方もいます。妊娠中は、子どものことに気を使って神経質になってしまうことも多く、

 

 

パニック障害を発症しやすい環境となっています。妊娠中にパニック障害になってしまった場合は、まずは環境について考える必要があります。

 

 

家族の支えも必ず必要となりますし、必要ならば友人にも相談しておくようにしましょう。

 

 

自身がパニック障害であることを伝えることは勇気の必要なことですが、周辺の人たちの理解がパニック障害でも出産をすることが出来る一つの要素です。

 

 

さらには、薬も服用する必要があります。パニック障害の薬|副作用や薬なしで克服する方法に記載されています。

 

 

 

妊娠中にパニック障害になってしまった場合は、掛かり付けのお医者さんに相談するようにしましょう。

 

 

お医者さんに相談して、どのような薬なら妊娠中でも影響がないかといったようなことを相談するようにして、お医者さんのサポートも受けながら子供を出産しましょう。

 

 

パニック障害でも出産した方は多くいらっしゃいますので、勇気を持つことが重要です。

続きを読む≫ 2014/05/03 15:05:03